行政のためのWaze

スマートに協力してより持続可能な未来にしよう

千を超える自治体やその他のパートナーがデータと分析結果を得るため、すでにWazeと協力しています。 Wazeカープールだけで交通量を減らしたり、Wazeビーコンおよび災害プログラムによって、より安全にします。 Wazeが提供する内容とこの信じられない程のネットワークに参加する方法については、詳細をご覧ください。

行政データ向けWaze

行政が何百万人ものドライバーの交通をリアルタイムで管理し、より良いインフラ作りを支援する

行政は、Wazeのデータを使用して渋滞時の価格設定からイベントの交通誘導までモビリティプロジェクトとポリシーを通知します。また、毎日、通行止めや工事に関する独自の情報を市民と直接共有します。 パートナーはGoogleクラウドを介してこのデータにアクセスすることを選択できます。

Waze Carpool

一緒に乗車することで隣人や同僚の通勤を改善します

真のピアツーピア相乗りサービスであるカープールは、住民の通勤を支援し、交通ネットワークの溝を埋めます。 Wazeカープールを採用している都市はスケーラブルかつ調整可能ですぐに使用でき、道路から車が少なくなるメリットがあります。 ドライバーはガソリン代を節約し、ライダーはより多くの交通手段を利用できます。

Wazeビーコンプログラム

GPS信号が届かない地下のドライバーにシームレスなナビゲーションを提供します

Wazeビーコンプログラムは、位置情報サービス、ドライバーの安全性、トンネルを出入りする車の流れの可視化の向上を保証します。 Wazeビーコンはオープンソースであるため、どのGPSナビゲーションプロバイダーもその技術を活用できます。

リアルタイム危機管理情報

危機の際、行政が素早く情報を発信できるようサポート

通行止めから緊急サービスの場所や避難所までWazeは市民を支援します。 ウィンターストームStellaの間、ニューヨークとニュージャージーの港湾局はWazeと提携して、道路情報表示板と危険情報を連動することでドライバーに迂回を警告しました。

よくある質問

よくある質問

Wazeとの提携に費用は掛かりますか?

交通問題の解決は、共同作業から生まれると考えているため、パートナープログラムに課金しません。

パートナーが利用できるリソースは何ですか?

パートナーは通行止めを入力し、主な交通イベントや緊急事態を知らせるための専用ツールにアクセスできます。 パートナーはコラボレーションのハブとして機能するパートナー専用のオンラインフォーラムに参加することもできます。このフォーラムは、戦略的問題と運用上の問題の両方を議論する場です。

Waze for Citiesパートナーシップの目標は何ですか?

Wazeの主となる目標は、道路交通のパートナーになることです。 それはWazeが報告したインシデントデータを5台の玉突き事故であろうと陥没であろうと支援できる行政関係者に届けることです。 つまり、行政のパートナーからデータを取得して、Wazeドライバーが地域社会で何が起こっているかロケーションに基づいた情報を確実に入手できるようにすることです。 そしてもちろん、都市の渋滞、持続可能性、カープールによるアクセスの改善を支援します。

ケーススタディ

Port Authority of New York and New Jersey

Rio de Janeiro, Brazil

Ghent, Belgium

もっと見る

Waze Cityのパートナーになりませんか?